健康は体だけじゃない心の健康にも目を向けて

うつ病になってしまうと普段の生活を当たり前に送ることができない

抑うつの症状

男性

うつ病になってしまうと心と身体の両方に様々な変化が生じます。これらの症状を抑うつといいます。抑うつはうつ病の中でも主な症状の1つになります。悲しいことがあった場合に、誰でも一過性の抑うつになるのです。この一過性の抑うつは健全な症状で通常の場合は時間の経過や気分転換によって改善されます。しかし、うつ病の場合では一度抑うつの状態になってしまうとそこから回復するのに時間がかかります。なぜならば、うつ病にかかっている場合立ち直るためのエネルギーが不足しているのです。だから一過性の場合でも長時間にわたって抑うつは継続してしまうのです。一過性の抑うつ場合でも重度であれば身も心も疲れてしまいます。心の痛みなどは自分自身でも分からない非常に難しいものです。たとえ、うつ病で苦しんでいたとしても、周囲からはそれがうつ病の症状によるものなのか、それとも一過性のものなのか判断することが難しいです。またそういったうつ病の方にとって自発的に医療機関を受診しようと決意することは容易ではないのです。うつ病の症状は自己判断と周囲からの判断と違っていることが多く、実際に精神疾患の専門の医師に診断してもらわないと判断しかねるのです。主な抑うつの症状は気分障害になります。気分障害の場合、気分や感情の動きがバラバラに反応してしまい、コントロールすることが大変難しいのです。気分障害の症状はごく軽度のものもあり、日常生活の中で誰でも起こりうる問題になります。うつ病でない方でも風邪をひいてしまった場合に一過性の気分障害に陥りやすくなるのです。これは、気分や感情を落ち着けることで余分なエネルギー消費を抑えるためだとされています。身体的な症状で起きる抑うつでは、睡眠障害や食欲不振、過食などが見られます。こういった身体的症状は、気分の落ち込みなどの内面的な症状よりも自覚しやすく医療機関で受診しようと思うきっかけになるのです。睡眠障害はうつ病における最もメジャーな症状です。うつ病の場合ほとんどのケースで睡眠障害がみられます。睡眠障害になってしまうことで必ずしもうつ病と限ったものではありませんが、原因が分からないのであればうつ病を疑う必要があるのです。睡眠障害にも様々な症状があります。中途覚醒というのは、睡眠中にちょっとしたことでもすぐ起きてしまう症状になります。連続してこういった症状が起きてしまうので十分な睡眠をとることができなくなります。そして、熟睡することができず、次の日に疲れを残してしまい、生活に影響してしまいます。仕事中に集中することができず、仕事の成績を下がってしまうのです。その他の症状では、入眠困難、不眠症です。眠ろうとしたとしても寝つきが悪く、なかなか入眠することができなくなる睡眠障害です。眠れなくなると気分をリセットすることが難しくなり、うつ病の症状を助長させてしまうのです。また不眠症の逆に過剰睡眠、過眠症という睡眠障害があります。この症状は、どれだけ寝ても眠気をとることができず、睡眠の満足感を得られなくなってしまう睡眠障害です。仕事などで決まった時間に起きることができなくなってしまい、生活に支障をきたす場合があります。たとえ十分な睡眠をとったとしても再び眠気に襲われてしまうのです。実際にそういった状態では、仕事や勉学にも支障をきたすようになるのです。

精神的症状と身体的症状

ナース

うつ病は様々なタイプにそれぞれ分けられており、その症状によって対処法がことなります。うつ病によりネガティブ思考になることで症状は悪化し生活に支障を出してしまう可能性があるのです。

もっと読む

受診するクリニック

落ち込む女性

うつ病の疑いがあるのであれば、早期に専門の医療機関に行ってみましょう。そして、うつ病の症状と診断されたのであれば病院に通うことで治療していきましょう。様々なタイプの医療機関があるので、自分の用途にあった病院を探していきましょう。

もっと読む

うつ病になる要因

ドクター

うつ病の症状は、精神的に病んでしまった場合にすぐ立ち直ることができず、ずっと落ち込んだ状態になります。そうなると、身体的にも影響を及ぼす場合があります。例えば人間のあらゆる欲求が無くなってしまう可能性があるのです。

もっと読む

最新医療機器

医師と患者

うつ病の治療方法は近年徐々増えてきています。最新医療機器で治療することで、副作用もほとんどありません。技術の進化により、薬物療法やカウンセリングの他に医療機器でもうつ病患者の症状を改善することができるようになったのです。

もっと読む